カーリューリバー・・・2018年9月15日(土) 14:00開演(13:30開場)

オペラ「カーリュー・リバー」はイギリスで最も高く評価されている作曲家、ベンジャミン・ブリテンの作品。
ブリテンが戦前来日した折に能楽の「隅田川」を観能し、その舞台に感銘を受け、触発されて作曲したオペラ。

ストーリーは「隅田川」を架空の川「カーリュー・リバー」に置き換えているが、能の「隅田川」とほぼ同じ内容になっている。
今回の企画はそういう特色を持つオペラ「カーリュー・リバー」を能楽の演出で上演する、というもの。

「カーリュー・リバー」は原典の「隅田川」とし、衣装は能装束を使用、所作も能楽の舞を取り入れて上演する。本編はもちろん英語だが、今回は和訳にて上演。そして主役の狂女の歌を能楽の謡で演じる。

あらすじ

プロローグ 
修道僧達の賛美歌「光消ゆる前に」の合唱から幕が開く。合唱の後、修道院長がこれから奇跡の物語が始まることを告げる。

本編 
前奏の後、隅田川の渡し守が登場し、今日のこの日がある少年の供養の日であることを知らしめる。そこへ西国から旅人が渡河するために訪れる。すると遠くから狂女の声が聞こえてきて、渡し守はその狂女を待って舟を出す、と言う。狂女が着くと渡し守をはじめ人々は狂女に狂って舞い歌え、と囃したてる。狂女は失った我が子を捜し求めて、はるばる西国から下ってきたのだった。狂女は人々の無情を嘆きつつも、在原業平の和歌を本歌として舞ってみせる。その後、皆が乗船し、舟は隅田川にこぎ出す。その船中、渡し守は一人の少年の話を皆に聞かせる。少年は人買いにさらわれ、この隅田川の川辺で落命し、今日はその供養の日なのだった。渡し守は皆に供養に参加するように呼びかける。やがて舟が岸に着くが、狂女が一人泣き崩れているのを不審に思った渡し守が声をかけると狂女は少年の母親であった。渡し守は不憫に思い、狂女を墓に案内し供養するように勧める。狂女が一心に祈っていると不思議なことに少年の声が聞こえてくる。やがてその姿も狂女の前に現れる。狂女は我が子を追い求めるが、幻であるかのように我が子はやがて天に消えていく。そして母親のために祈りを捧げる。それは狂女のために天がみせた奇跡であった。

エピローグ 修道院長がこの物語が神の奇跡であることを讃える。そして修道僧達の賛美歌「光消ゆる前に」の合唱により幕を閉じる。

出演者詳細

今回の出演者は、実力派揃い!!それぞれが、世界で活躍 するソリストです。

キャスト

狂女:山中一馬

シテ方金春流。公益社団法人能楽協会会員。社団法人日本能楽会会員。重要無形文化財総合指定保持者。
学習院大学法学部卒。茨城県牛久市在住。つくば市、牛久市、取手市、笠間市等、茨城県での能楽公演を手掛ける他、茨城県民大学講師、常陽銀行・藝文学苑講師、筑波学院大学講師を勤める等、茨城県南での能楽の普及に努める。
文学座附属演劇研究所 講師(1997~2002)学習院大学能楽研究会 指導顧問。
防衛大学校古典芸能研究会 指導顧問


渡し守:大槻聡之介

神奈川県出身。国立音楽大学卒業。
同大学院音楽研究科 修士課程 オペラコース修了。卒業演奏会、神奈川県同調会、平成26年度大学院新人演奏会に出演。またNHK Eテレ 「音楽ブラボー」に出演。多摩フレッシュ音楽コンサート2016にて優秀賞受賞。 これまでに『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵 、『リータ』ガスパロ、『ラ・ボエーム』ショナール、ベノア 『魔笛』武士、『こうもり』ファルケ『電話』ベンを歌う。2016年神奈川県大和市に完成した、やまと芸術文化ホールでのこけら落とし公演では第九のソリストを務めた。 やまと国際オペラ協会会員。藤原歌劇団団員 声楽を和田茂士、小林一男、松原有奈 各氏に師事。


旅人:白石陽大

東京藝術大学修士課程音楽研究科声楽(オペラ)専攻修了
これまでにW.A.モーツァルト「フィガロの結婚」タイトルロール、「コシ・ファン・トゥッテ」グリエルモ役。D.チマローザ「秘密の結婚」ロビンソン役。C.グノー「ロメオとジュリエット」カプレ役。G.ヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」パオロ役。G.ビゼー「カルメン」ダンカイロ役にて出演。これまでに飯島英子、石井清貴、川上洋司各師に師事。小林音楽教室講師。


修道院長:高崎翔平

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。
声楽を多田羅迪夫、寺谷千枝子、甲斐栄次郎、妻屋秀和の各氏に師事。 オペラでは、藝大オペラ第61回定期公演《フィガロの結婚》フィガロ、神奈川県民ホール・オペラシリーズ2017《魔笛》にザラストロのアンダースタディーとして参加した。この他に、《リゴレット》スパラフチーレ、《ラ・ボエーム》コッリーネ、《椿姫》グランヴィル医師、《アドリアーナ・ルクヴルール》キノーなどを演じている。現在、東京藝術大学音楽研究センター教育研究助手。


梅若丸:井上あかり(演技)

山中一馬のもとで能楽の稽古に励む。子方(子役)として能楽の舞台にも立つ。

梅若丸:木田悠子(声)

洗足学園音楽大学音楽学部声楽専攻卒業。
2000年〜2009年新国立劇場、小澤征爾音楽塾等のオペラ公演、音楽鑑賞教室、テレビCM、教材録音などに参加する。大学卒業後も研鑽を積み、これまでに、「チェネレントラ」ハイライト公演クロリンダ、「メリー・ウィドウ」ハイライト公演ヴァランシェンヌ役にて出演。現在、声楽を石井清貴氏に師事。

フィルハーモニック・アンサンブル

オルガン:廣澤 麻美

東京都立芸術高校音楽科、武蔵野音楽大学、東京芸術大学卒業および同大学院修士課程修了。
チェンバロを山田貢、鈴木雅明の各氏に師事。DAAD給費留学生としてヴュルツブルク音楽大学に留学しG.ウィルソン氏に 師事、マイスターディプロムを取得。文化庁派遣芸術家在外研修員として、ハンブルクにてW.ツェラー氏にオルガン を師事。芸大安宅賞受賞。第3回古楽コンクール第3位、ヴュルツブルク市音楽協会コンクール第1位、「プラハの春」 国際音楽コンクール・チェンバロ部門第3位、J.H.シュメルツァー国際古楽コンクール第3位に入賞。ヴュルツ ブルク音楽大学講師を経て現在東京芸術大学音楽学部講師。スウェーデンBISより「クープラン一族のチェンバロ 音楽」をリリース。チェンバロ、オルガンを中心としたソロに加え、通奏低音や各種鍵盤楽器奏者として多くのア ンサンブルやオーケストラに客演。最近ではダンス、ロック、書、能、狂言、仏教音楽などとのコラボレーション も多く、特にダンサー・振付家の近藤良平氏との共演は好評を得ている。エレファントカシマシの大ファン。

フルート:寺田 愛

茨城県出身、2009年桐朋学園大学音楽学部演奏学科 卒業。
同年8月よりフランス国立オールネイ・スー・ボワ音楽院入学。2013年同音楽院最終課程を満場一致で Prix d'Excellenceを得て修了。併せてピッコロ、室内楽共に修了。渡仏中オランダ・フルート・アカデミーにて研鑽を積む。現在ソロ、室内楽、オーケストラ客演等にて活動中。また、秋吉台ミュージック・アカデミー、及び東京AMAミュージック・スクール講師を務める等、後進の育成にも力を注いでいる。2016年アルバム「エリオトロープ」発売、今冬には2枚目のアルバムがリリース予定。

ヴィオラ:栗原 由樹

洗足学園音楽大学を経て、同大学院を修了。
これまでに、ヴィオラを岡田伸夫氏に、室内楽を岡田伸夫、須田祥子、井野邉大輔の各氏に師事。GMMFS音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン等に参加。ヴィオラアンサンブル《SDA48》としてNHK「ららら♪クラシック」に出演。洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団団員、Piace Quartetメンバー。オーケストラや室内楽の分野で幅広く演奏活動を行っている。洗足学園中学高等学校非常勤講師フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手を務める。

ホルン:伊藤 明日香

千葉県出身。東邦音楽大学卒業、同大学院修了。
12歳よりホルンを始める。ホルンを澤敦、岡本充代、フォルカー・アルトマンの各氏に、室内楽を澤敦、大久保淑人の各氏に師事。オーケストラ、室内楽、吹奏楽、レコーディングなどを中心に活動する他、吹奏楽指導にもあたっている。 ミュンヘンで開催された"Carnaval du Cor 2018"参加。現在、東邦音楽大学実技演奏研究員、桐朋学園大学嘱託演奏員、埼玉県立松伏高等学校音楽科非常勤講師。

コントラバス:井口 信之輔

千葉県出身、洗足学園音楽大学卒業。
クラシック音楽 を軸としたコントラバス奏者としての顔の他、吹奏楽指 導者としての一面も併せ持ち、互いの経験を掛け合わ せ後進の指導にもあたっている。SNSを駆使しコントラ バスの専門的な指導を受ける環境が少ない地域に向け た情報発信、出張レッスンの企画を行っている。一般 社団法ブラス・エクシード・トウキョウ コントラバス奏者。 板橋区演奏家協会理事。月曜吹奏楽団指揮者。寺田和正、 菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事。
オフィシャルブログ..... Twitterはこちら@igu_shin

パーカッション:倉田沙紀

つくば市出身。茨城県立取手松陽高等学校音楽科 卒業。
武蔵野音楽大学器楽学科マリンバ専攻を卒 業し、ドイツ国立デトモルト音楽大学にて打楽器 ソリスト・修士課程を卒業。ボストン音楽院にて GPDとPSCを卒業。第3回インターナショナル・パー カッション・フェスティバルマリンバ部門におい て第3位受賞。福井直秋記念奨学生。小笠原美生、 井上彰子、渡邉由香、安藤芳広、高橋美智子、Pe ter Prommel、Nancy Zeltsmanにマリンバ、打楽器 を師事する。

ハープ:梶 彩乃

東京藝術大学音楽学部附属高校を経て、東京 藝術大学卒業。
同声会賞を受賞。同大学院修士課程修了。 2009年 第21回 日本ハープコンクールプロフ ェッショナル部門 第3位。2011年第12回大阪 国際音楽コンクール弦楽器部門ハープ第1位 松尾博賞を受賞。2012年小澤征爾音楽塾 「蝶々夫人」、サイトウ・キネン・フェスティバル 松本に出演。

コーラス

山口義生

国立音楽大学音楽学部演奏学科声楽 専修卒業。
同大学大学院音楽研究科 修士課程声楽専攻(オペラ)修了。大 学院オペラ公演“コジ・ファン・ トゥッテ”のグリエルモ役でオペラ デビュー。現在、サントリーホール・ オペラアカデミー4期生に在籍中。 隠岐速人、須藤慎吾、小林一男、黒 田博の各氏に師事。第46回イタリア 声楽コンコルソ入選。

佐藤由基

国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。
同大学歌曲ソリストコース修了。 卒業時に卒業演奏会に出演。声楽を 枝川一也、故太田直樹、今尾滋、増 原英也の各氏に師事。これまでに 《フィガロの結婚》《ドン・ジョヴ ァンニ》《コジ・ファン・トゥッテ》 《愛の妙薬》などのオペラに主要な 役で出演のほか、宗教曲のソリスト も務める。

堀越尊雅

国立音楽大学卒業。
声楽を久保田真 澄、ドイツ歌曲解釈を竹内則雄に師 事。E.Ameling、N.Shetlerらのマスタ ークラスを受講。バロックから前期 ロマン派に至る宗教音楽のソリスト として、多数の舞台へ出演。第24回 友愛ドイツ歌曲コンクール入選。日 本合唱協会、Vocal Consort Tokyo 各メンバー。国立音楽大学大学院演 奏補助員。

吉田 拓真

国立音楽大学演奏学科声楽専攻を卒 業。
大学在学時よりオペラ等に出演。 現在二期会研修所に所属。 声楽を故 経種廉彦氏、井ノ上了史 氏の各氏に師事。

金沢青児・髙橋駿・山田健人

プログラム

○仕舞・・・「桜川」クセ・網の段
○仕舞・・・「隅田川」舟の段
休憩
○オペラ「カーリューリバー」

チケット(全席指定)

S席・・・4,500円(友の会会員価格4,000円)
A席・・・4,000円(友の会会員価格3,500円)


チケット取り扱い

ノバホール tel:029-852-5881
つくばカピオ tel:029-851-2886
(公財)つくば文化振興財団 tel:029-856-7007 HP:http://www.tcf.or.jp

会場

ノバホール
〒305-0031茨城県つくば市吾妻1−10−1

お問い合わせ

(公財)つくば文化振興財団 tel:029-856-7007 HP:http://www.tcf.or.jp
主催:市民オペラ実行委員会・共催:(公財)つくば文化振興財団・後援:つくば市/つくば市教育委員会・協賛:アサヒビール株式会社

チラシのダウンロードはこちら<>

書籍おすすめ

お能についての基礎知識を勉強したい方への入門書。